にほんご

中文

ภาษาไทย

SEVENTEENメンバー説明書第8弾:THE8
4,937
2024.04.30
Shiningカラットがお届けするK-POP話💎
HYBE_MERCH

「こんにちは。セブンティーンの無限の可能性を持つディエイト(THE8)です。」
セブンティーンのパフォーマンスチームで、97ライン。固有番号8番を担当している「ディエイト」
ディエイトに興味を持ち始めた人はこの記事に注目!

 


 

#1.本名と活動名、ニックネーム

本名は「Xú Mínghào(徐明浩)」で、活動名である「The8」は8匹のドラゴンに由来する。もともとは道謙の芸名で、「8匹のドラゴンの爆発的な歌唱力」という意味だったが、ディエイトがその芸名でデビューすることになった。中国出身で、中国で幸運の数字として通用する「8」を活用したと考えられ、そのためか、誕生日の順番としては固有番号10番であるべきだが、ドギョムと順番を変えて固有番号8番として通用している。韓国では本名の韓国式発音である「シギョンホ」とも呼ばれている。ディエイトのニックネームもいくつか紹介します。

「エイサさん」 

ディエイトのウェイボ

セブンティーンとスタッフがディエイトを「エイサ」と呼んでいるのを見た新人マネージャーが「エイッ+ア」を「エイサ」と認識し、「エイサさん!」と呼んだという逸話に由来する愛称。

「カエル」

HYBE_MERCH

デビュー当初からカエルのキャラクターが好きで、その延長線上でメンバーを動物絵文字で表現する際にカエルと呼ばれることが多い。

■ 「全所有神仙」

17 is right here プロモーションページ

普段茶道と瞑想を楽しんでおり、まるで神仙のようなオーラを放っている。 しかし、このような趣味のために茶器セットを揃えたり、瞑想のための道具を揃えるなど、フルオプションで揃え、「無所有」ではなく「全所有神仙」というニックネームがついた。 

 

「茶道も奥が深いと複雑な趣味ですよね。 茶器もかなり集めたんですか?

もちろん(笑)茶器はコレクションごとに買うわけではなく、好みに合わせて気に入った茶器があればその都度1つずつ買って集めています。 好みはどんどん変わっていくので、宿にはすでに数十個あります。 最近ではコレクションというよりは、すでに持っている茶器の中からその日の気分によって選んで使っています。

 

最近では、上記のカエルのスリッパ、眼帯に加え、アーティストグッズを作る際に、茶器セットも発表した。(ゴーイングセブンティーン'マウスバスターズ'編でミスター・ティータイムと呼ばれたこともある)。 

HYBE_MERCH

 


「黒髪ビョンジ」

17 is right here プロモーションページ

「Oh My!」活動当時、黒髪にいわゆる「ビョンジカット(※韓国のサッカー選手「キム・ビョンジ」のヘアスタイルで有名なので付けられた言葉)と呼ばれる、後頭部だけを長く下ろしたスタイルを披露していましたが、とても似合っていて、よく思い浮かぶ言葉です。最近の'Super'活動期にもこの頃を連想させるヘアスタイルを披露し、ファンの間ではディエイトの必勝スタイルとして知られている。

 


 

#2.ステータス

@xuminghao_o / @pledis_17

小さくて細長い顔立ちと丸い目鼻立ちが特徴的。素顔は丸くてかわいいのですが、メイクによって、とてもシャープでクールな印象に変わることも。

@xuminghao_o / セブンティーンウィーバース

全体的に体型がとても細身で長い方で、特に首が長いので、実物を見たときにも首の長さが一番最初に目に飛び込んできました。モデルのようなスレンダー体型で、セブンティーン内では「箸系」「無気力系」と呼ばれているが、意外に筋肉質な体をしている。特にデビュー当初に比べ、筋肉を増量するために多くの努力をしたようだ。

 

@セブンティーンウィーバース

 とても穏やかな性格の持ち主に見えるが、意外とキレやすい性格の持ち主である。(※ファンの間では「短気な性格」の頭文字をとって「八気な性格」と呼ばれることもある。) 笑いながら言いたいことは全部言う毒舌家的な一面もあり、芸能界で早口で暴言を吐く姿は多くの人の笑いを誘う。意外と遊び心があり、おっちょこちょいな性格でもある。

 

@セブンティーンウィーバース

 

 ファッションとアートに興味がある。IN THE SOOPの番組やWeaversなどによく自分の描いた絵や、本で印象的だったフレーズなどをアップしている。考え事をすることが多いためか、感想を言ったり、インタビューをするときに彼の表現力がよく感じられる。

 

@xuminghao_o / @pledis_17

 

 パフォーマンスチームであるだけに、ダンスが一番の強みであり、幼い頃からビーボーイングと武道をやっていたためか、軽やかで軽快なダンスラインが際立つ。「Don't Wanna Cry」、「HOME;RUN」などの振り付けでアクロバティックな振り付けを披露したこともある。手足が細長く細い方で、表情演技などで感情をうまく溶け込ませるので、現代舞踊とも相性が良いような気がする。


デビュー当初は韓国語が苦手で歌のパートが少なかったが、だんだん歌っている部分が増えている。美声の音色が際立ち、中国語と韓国語でソロ曲を発表するほどボーカル的にも大きく成長した。

 

 


 

#3.個人的なレジェンドチッケム(時系列)

■ 180719 Mカウントダウン「Oh My!」

 

前述した「黒髪ビョンジ」の代名詞のようなステージ。清々しさに加え、ステージを楽しそうに楽しむ姿が印象的だ。

 

■ 201022 Mカウントダウン「HOME;RUN」 

 

ふわふわしながらも華麗なパフォーマンスを見せる振り付けなので、ディエイトのダンスラインがより際立つステージ。 特に最後のエンディング部分で見せるアクロバットが印象的。

 

■ 220529 人気曲「HOT」 

 

ミュージックビデオの時から強烈な印象を残したHOT活動期のディエイト。赤い髪にキリッとした、どこか狂気さえ感じさせる彼の表情演技が印象的なステージだ。軽快でありながら力強いダンスラインも目を引く。

 


 

#4.個人的なゴーイングセブンティーンレジェンドエピソード

■ 2020 ゴーイングセブンティーン「Four Wheeled Rider」

 

些細な可愛らしいシーンが多いエピソードで、特にディエイトのツッコミが目立ったコンテンツ。中盤ゲームでジョンハンが詐欺をしてもいいかと尋ねると、「兄貴の人生、どうしてそんなに詐欺をするんだ」とぼそぼそと尋ね、スングァンがジョンハンの真似をして失敗すると「お前はお前の人生、詐欺をしてもダメだ」と言うところが面白いと語り継がれている。


■ 2020 ゴーイングセブンティーン「Seventeen's Got Talent」

 

メンバーたちがそれぞれのキャラクターを選んだ後、純粋にアドリブでオーディションを受ける形式のエピソード。 ‘カブリ 까불이'を選んだディエイトは、メンバーのジュンに当てはめて、普段のジュンの振る舞いをそっくり再現し、多くの笑いを誘った。普段の自分とは正反対の性格をうまく表現したため、レジェンドに挙げられるシーン。

 

■ 2022ゴーイングセブンティーン'WONWOO's Diary'

 

全体的に皆が淡々と戻っているキャラクターの中で、異彩を放っていたディエイトの「有段者」キャラクター。武術などに精通している「有段者」を表現する言葉から取ったキャラクターらしく、まるで道士のような雰囲気を醸し出しているのですが、武術を習っているせいか、本当に華麗な武術を見せてくれて笑えました。エネルギーを受けて手刀でスイカを割ったり、ろうそくを消さなければならない場面があったのですが、これさえも一瞬で成功し、本人も慌てて笑いをこらえているところが笑える。

 


 

まとめ

 セブンティーンで最も感性豊かなメンバーの一人で、純粋さと誠実さが際立つメンバー。自分だけの世界を広げながら、それをカラットたちにも見せたい、誰よりも内面がしっかりしているメンバー。

最近体力的にきつそうに見えますが、健康に気をつけて長くセブンティーンのディエイトでいてほしい。

 

 

 

+1

いいね

0

+1

なるほど

0

+1

楽しみ

0

+1

役立った

0

Share