にほんご

中文

ภาษาไทย

ドッコとジェガルが代わりに行ってみました #episode 17
4,048
2024.04.18
ドッゴとジェガル本場の韓国人CARAT

Chapter 17. [HYBE INSIGHT] SEVENTEEN展示会 『FOLLOW FELLOW』

 

こんにちは、ドッコとジェガルです。
今日のレビューは、HYBE所属アーティストの展示シリーズの一つであるHYBE INSIGHTです。

@pledis_17

読者の皆さん、既にご覧になったかわかりませんが実は<ドッコとジェガルの代わりに行ってきました>の最初のコンテンツがHYBE INSIGHTだったので、喜んでいただける方もいるんじゃないでしょうか。

今回ドッコとジェガルが訪れたのは、SEVENTEENの単独展示「FOLLOW FELLOW」です。これまでHYBE INSIGHTは2回開催されましたが、このようにアーティスト単独で開催されたのはSEVENTEENが初めてだそうです。

それではさっそく見ていきましょう!

 


 

FOLLOW

今回の展示は、昨年行われたSEVENTEENのコンサート「FOLLOW」関連の展示です。コンサートを準備する練習室から、コンサート会場、コンサート会場のバックステージなどをそのまま再現しています。

期間は、24年3月20日から24年4月12日まで開催されました。おそらく3月30日~31日に行われたSEVENTEEN TOUR FOLLOW AGAIN TO INCHEONと時期を重ねて行われたものだと思います。 どうやら海外のファンはこの展示のためだけに韓国に来るのは難しいので、コンサートのついでに立ち寄れるようにした配慮ではないかなと。

PLEDISエンターテイメント

営業時間は、10:00~19:30で、回ごとの入場が可能でした。 1日に計25回が用意されており、1回あたり約20分間隔で運営されていました。室内に入ったら自由観覧なので、人が多い区間は少し待ってから見るなど、比較的苦になりませんでした。お知らせには展示観覧は60分、ショップ利用時間30分と記載されていますが、実際に観覧してみるとそこまで短い時間ではありません。

場所は、ザ・ソウルライティウムで現在ソウルで一番ホットなエリアである聖水洞(ソンスドン:성수동)に位置していました。地下鉄を利用する場合は、ソウルの森駅4番出口から徒歩2分、またはトゥクソム駅8番出口から徒歩5分のところに位置しています。個人的にはソウルの森駅から歩いて行く方が近くて、道も分かりやすかったです!

CARATにとっては聖水洞というよりも、昨年発売されたSEVENTEEN 11th Mini Album 'SEVENTEENTH HEAVEN'のイベント「SEVENTEEN STREET in Seongsu 17th HEAVEN」が開かれた場所と言った方が馴染みがあるかもしれません。

当時も説明したように、ソンスドン(聖水洞)は流行の韓国デザイナーブランドが集まっていて、きれいなカフェ、グローバルなグルメ店が立ち並ぶ場所だそうです。最近では日本の旅行者の間でも有名な観光地として注目されていますよね。ただ、以前のイベント場所はちょうどソンスドン(聖水洞)で一番ホットな通りだったとすると、今回の展示会が開かれた場所はオフィスの方が多いソウルの森(ソウルの森)方面になります。

そして、徒歩で5分ほど歩くとSMエンターテインメントのフラッグシップストア「KWANGYA@SEOUL」があります。FOLLOW FELLOWは常時運営されている展示ではありませんが、おそらく今回の展示をご覧になった方は、「KWANGYA@SEOUL」にも行かれたのではないでしょうか。

それで、今回すでに展示期間も終わっているのに、なぜレビューをアップするのかというと...。

これは独断と偏見ですが、5月に予定されているヤンマースタジアム長居と日産スタジアムでの公演期間中、日本でも同様の展示が行われるのではないかと予想しているからです。最近のSEVENTEENの日本コンサートを見ると、韓国を含む他の国のコンサートに比べて、より豊かなコンテンツを提供するために努力しているのが見えました。だから、おそらく5月中に展示会のお知らせが出るのではないかと予想しています。
(もちろんこれは単なるドッコの予想であり、ドッコもHYBEの関係者ではないのであくまでも予想でしかありませんが....)

ちなみに「FOLLOW FELLOW」は写真撮影は可能ですが、映像撮影はできませんでした!

 


 

FELLOW

韓国の場合、前売りサイトで事前予約が行われていました!でも、心配しないでください。 現地でも十分に前売りできますので!ただ前売りサイトで事前に予約しておいた方が待ち時間なく入れるという点では、事前予約がおすすめです。

観覧時間になると、入り口で前売り券を確認し、入場券とランダムフォトカードを配布してくれます。ランダムフォトカードは「FOLLOW」コンサート中に撮られた写真でした。ある特定の公演というよりは、ツアー中の写真の1枚という感じでした。

入ってすぐ、このように「FOLLOW」のメインポスターだったメンバーの写真が出てきます。各メンバーごとにあり、理由はわかりませんが...メンバーが持っている望遠鏡(?)が配置されています。そしてそれを持って一緒に写真を撮ることができます。説明だけ聞くとちょっと不思議な感じですが、実際に写真を撮る時も不思議でした。

 一体これはどういう意味のツーショットなんだろう...?
よくわかりませんでしたが、みんな一生懸命推しの前で写真を撮っているのが印象的でした。

次のエリアはSEVENTEENの練習室を覗くことができる場所でした。HYBE社屋内にあるSEVENTEENの練習室のドアと思われるものが展示されていました。ドアの上には「3-2 DANCE STUDIO」と表記されているなど、実際の練習室を忠実に再現しているようでした。そして中を覗ける窓にはSEVENTEENの練習風景が...。まるでPLEDISのハン・ソンス代表になったような気分になりました。

そして奥には本物の練習室が...!SEVENTEENが実際に使っている練習室のような空間が出てきました。裏側には練習中のメンバーの写真が展示されていました。そして手前には、ダンスをしている姿を確認できる鏡も!もちろん場所の都合上、実際の練習室サイズではありませんでしたが、意外とよくできていました。

よく見ると、鏡にはメンバーのサインもあるので、絶対にお見逃しなく!

次のスペースにはメンバーのゼッケン(?)が!これは韓国のアイドルあるあるかもしれませんが、放送局やコンサートではカメラの位置が重要なので、ゼッケンをつけて映像を撮った後、カメラ監督に送る映像が必要なんです。だから韓国のアイドルの練習映像や、リハーサル映像を見ると、必ずメンバーがゼッケンをつけていますよね?このエリアはリハーサルをしている様子を再現した場所でした。備え付けのゼッケンは、実際に来場者もつけてみることができます。

みんなそれぞれ好きなメンバーのゼッケンをつけて写真を撮ってみましょう!一人で来られた方のために鏡も用意されているので安心です。

どうやらコンサートは普段のステージよりダンサーも多く、演出も豪華なので、このように練習室ではなく、このような場所で行われるようです。写真にはSEVENTEENのメンバーの固有番号順に並べてあります。

リハーサルが終わったら、いよいよコンサート会場へ。次の場所は会場のバックステージ!実際のバックステージのように構造物がたくさん積み上げられていました。私も本物のバックステージに行ったことはありませんが、このように鉄筋構造物やビニールがたくさんあることは知っています。そして、各所にあるモニターは観客のための展示の一部でもありますが、実はスタッフやメンバーのためにバックステージのあちこちにあるそうです。

このようにコンサートが終わってアップされている写真を撮った場所もそのまま再現...!写真速度をよく見ると、展示会場のように鉄筋構造物とビニールがたくさんあるのがわかりますよね?一つ面白いのは、この写真の中のスングァンは合成という点です。 「FOLLOW」コンサートは、ソウルコンではスングァンが、その後スングァンが復帰した後は、エスクプスとジョンハンが、それぞれ健康上の理由で活動を中断して参加できませんでした。だから13人全員がステージに立ったことがなかったのですが....。だから13人の写真もなかったんですね。この写真はソウルで撮ったものですが、承官がいなかったので、空いていたスングァンの席に写真を合成したものでした。もちろん、よく見ると本物のように見えますが。

次は「FOLLOW」のオープニング衣装がそのまま展示されています! 実際に触れるのはNGですが、近くで観察するのはOK。メンバーの実際の身長をそのまま再現しているので、よりリアルに感じられます。SEVENTEENの最年少メンバーと最年長メンバーの身長差をそのまま再現...(かわいすぎる)。各メンバーごとに衣装のディテールが違うのも面白いですが、ツアー中に着古した衣装を見るのも面白いです。特に体をよく使うジュン、ホシ、ディノはビーズの部分がものすごく落ちているのを見ることができました。

こちらはちょっと笑えるかもしれませんが....。コンサートのアンコールで回るトロッコがあります。実際に登ってみることもできますよ。これが実際のコンサートで使われるトロッコ車の大きさなのかはわかりませんが...。一生登ることのないところに登るのは面白いですね。ぽつんと置かれているので、トロッコと知らずに通り過ぎてしまうかもしれませんが、自由に登って写真を撮ることができるので、ぜひお見逃しなく!外国のファンの方は、アイドルのように手で半分ハートを作って写真を撮ったり、楽しそうでした。

そして、面白かったのは2つ。1つは、実際のコンサートのスタンディング席のように設置されている柵。実際にものすごく高いフェンスが置かれていて、前にメンバーのステージ映像があり、思わず1列目を取ったのかな? と思った瞬間が(笑)

あとはメンバーとの記念写真。アイドルのコンサートって、最後に必ず記念写真を撮るじゃないですか。それをファンも一緒に撮れるようにスクリーンが設置されていました。生まれてこのようなステージに立つことがあるとは思いませんでしたが(?)いつの間にか展示会でステージに上がったり、トロッコに乗ってみたり、メンバーと集合写真を撮ったり...。これってなんだろう...と思いつつも、面白くて楽しい経験でした。

最後には、メンバーのコンサート感想が書かれたレシート(?)がランダムに出力されます。コメントを見ると、韓国のコンサートについての感想だったようです。日本に行けば日本の感想が出るのでしょうか?

グッズショップに行く前の最後のフォトゾーンは、このように四方に鏡がある場所でした。それなりにCARATを表現した感性だったようですが、四方が鏡なのでどう撮ってもうまく撮れませんでした。STAFFにお願いした方が良さそうです!

 


 

最後に

今回のレビューもお楽しみいただけましたか?

もちろん、まだ日本での展示会の告知は出ていませんがぜひ日本でも開催され、多くの方に訪れてほしいと思います。途中、ちょっと笑える部分もありましたが、本当に楽しい時間でした。友達と行くと楽しいですよ。

ちなみにグッズショップは国によってルールが違うようですが、韓国は入場券1枚につきメンバーごとにフォトカードを2枚まで購入することができました。購入制限のあるアイテムもあったので、その辺りはチェックした方が良さそうです!

+1

いいね

0

+1

なるほど

0

+1

楽しみ

0

+1

役立った

0

Share