にほんご

中文

ภาษาไทย

ソウルのホンデ付近で美味しいコーヒーが飲めるカフェ
9,955
2023.06.30
Kapecchang韓国バリスタ資格をもつ日本人

 

 


 

みなさん初めまして、こんにちは:)

1日1カフェ!元バリスタ・現カフェオタクのKapecchang (カペちゃん)と申します。

私はソウルのカフェが好きすぎて、会社を辞めて韓国のバリスタ資格を取得したソウル在住・日本人です。

ソウルのカフェでバリスタとして働いたり、コーヒーの祭典・ソウルカフェショーやコーヒーイベントのお手伝い、現在は翻訳や通訳、カフェへのアテンドなど、日韓のコーヒー交流に関わるお仕事をしております。

そんなコーヒーまみれの日常や裏話をほぼ毎日Instagramのストーリーに載せておりますので、是非こちらからも撮りたてホヤホヤ韓国の最新カフェ情報をチェックしてみてくださいね。

 

 

 


 

10年後にも飲みたいコーヒー

 

全てのスピードがとにかく速い韓国で、さらにはカフェ激戦区のホンデやその隣の合井(합정)エリアで「5年以上営業しています」というお店は一体いくつあるでしょうか。

1ヶ月ぶりに訪れても街並みが変わるほど変化の激しい産業地域なので、営業年数10年を超えたカフェやレストランはもはや老舗のような扱いとなりますが、そのうちのひとつでもあり、代表も職員さんもバリスタチャンピオンという合井歴12年目の自家焙煎カフェがあります。

📍Pastel coffee works(파스텔커피웍스)

韓国のバリスタチャンピオンでもあるジャン・ヒョヌ代表が2011年に I do というカフェとBean project という名前の焙煎所をスタート。現在は両方をまとめて Pastel coffee works という名前に統一されました。

私が最初にこちらのコーヒーを頂いたのは約10年前…

当時、コーヒーブーム到来前の韓国にはこだわりの自家焙煎カフェは少なく、美味しいコーヒーを求めて、ほぼ毎日のようにカフェI doに通い詰めていました。

その後のコーヒーブームで新しいカフェがどんどん出来たり、さらにはコロナ禍で閉業になったり移転してしまったりといったカフェもかなり多い中、パステルコーヒーワークスはこの場所を守り続けながら、2人目のバリスタチャンピオンを輩出し、さらに本店の他に坡州(파주)のロースティングセンター、そして数年前には西村(서촌)にも2号店を出されました。

たまには個性的で刺激的なコーヒーやカフェも良いのですが、毎日気軽に楽しめて、10年間飲み続けても飽きのこない、そしてずっとそこに居てくれる・・・

そんな安心と安定感のあるカフェです。

「これからもより多くの人にパステルコーヒーワークスのコーヒーを届けたい」と目を輝かせるジャン・ヒョヌ代表。その情熱は10年前から、そしておそらく10年後も変わらないことでしょう。独自のカラーを明確にしながらも変化し続けるパステルコーヒーワークスの挑戦に、今後も目が離せません。

〔住所〕

地下鉄2号線・6号線合井(합정)7番出口から徒歩7分

〔営業時間〕
平日 8:00 – 16:00
週末 8:00 – 18:00

〔おすすめメニュー〕
お店のロゴ入りのHARIOスイッチで淹れる
・DRIP COFFEE:種類と価格は時期によって変わります(メニュー付近に本日の豆リストがあります)

社長夫婦も毎朝欠かさず飲むという
・Café London(カフェ・ロンドン):6,000ウォン
牛乳少なめでエスプレッソの旨みが強く感じられるラテ


・可愛い奥様お手製のクッキーやスコーンも絶品!

〔インスタグラム〕
@pastelcoffeeworks

〔座席〕
小さめの店内なので、1人〜3人でのご利用をおすすめします。お店の前にも席があり、ペットフレンドリーなので、お散歩中のワンちゃんが立ち寄ることも:)テイクアウトはなんと2,000ウォン)も割引されます!

〔近くにあるオススメのカフェ〕
📍インダストリアルなインテリアも魅力・倉庫みたいなカフェ:Bean brothers
📍エスプレッソメニューも楽しめる:CONNECTS COFFEE

 

 


 

ホンデの真ん中でコーヒー愛を叫ぶ

 

合井(합정)にパステルコーヒーワークスがあるならば、ホンデ(홍대)にはブロットコーヒーがあります。

📍blot coffee(블로트커피)

ホンデのど真ん中でコーヒーが飲みたくなった時にバリスタ達が迷わず向かう駆け込み寺的存在のブロットコーヒー(블로트커피)。

以前はゾンビコーヒーという若干攻めた名前で運営されていたので、そちらの名前で記憶されている方も少なくないかと思います。

私も昔から気になってはいたものの、名前のせいか何となく一人で行く勇気が出なかったのですが、ある日ラテアートチャンピオンの友人に連れて行ってもらい、まずはラテアートの美しさに驚き、一口飲んだ瞬間、なぜ今までこなかったのかと後悔するほどにおいしかったのを覚えています。

それからは一人でも、友達とも、名前がブロットに変わってからも、ホンデの真ん中で美味しいコーヒーが飲みたくなったら迷わず向かうお店になりました。

今回こちらの記事を作成するにあたり、10名以上の韓国人バリスタさん達にホンデのおすすめカフェを聞いてみましたが、なんと全員が口を揃えて「ホンデならまず…」の次に必ず挙がった名前がこちらのブロットコーヒーとパステルコーヒーワークスの2店でした。

どちらに行かれるか迷ってしまった場合には

ハプジョン駅の近くならパステルへ、
ホンデ入り口駅の近くならブロットへ、
朝ならパステル、夜ならブロット…

という風に選んでみても良いかもしれません:)

こちらのブロットもコロナに耐え、長年ホンデのコーヒーラバーを魅了し続けてきたお店です。

良くも悪くも「熱しやすく冷めやすい」と言われる韓国で、長年生き延びてきたカフェの裏には涙ぐましい努力とそれだけの理由があるはず。

たかがカフェ、されどカフェ。。。

そんな事を考えながら飲むコーヒーはいつもより有り難く、そして美味しく感じるのは私だけでしょうか。

〔住所〕

地下鉄2号線 ホンデ入口駅9番出口から徒歩 10分

〔営業時間〕
火曜 - 日曜 12:00 - 20:00(月曜定休)

〔インスタグラム〕
@blot_coffee

おすすめメニュー〕
カウンターの奥で焙煎されてドリップされる
・フィルターコーヒー(필터커피)
:お豆によって金額が異なります
・カフェラテ 카페라떼 4,500ウォン
・アインシュペナー 아인슈페너 5,500ウォン
もう正直なんでも美味しいです

 

 


 

ついにホンデへ降り立ったティティ様

 

📍identify coffee lab(아이덴티티커피랩)

孝昌公園(효창공원)でスタートされ、延禧洞(연희동)の端っこへ・・・

どちらの店舗もコーヒー好きな人々が「わざわざ行く」場所にあったアイデンティティコーヒーラボが、ついにホンデに来てくれました!

以前はアクセスの面から観光客の方にご紹介するのは若干気が引けたのですが、この度ホンデ駅から徒歩圏内の西橋洞(서교동)にオープンしてくれたので、韓国に住まれている方にも旅行者にも自信を持っておすすめができるようになりました。

新店舗準備のため延禧洞のお店もしばらく閉められていたため、多くのティティ(アイデンティティコーヒーの愛称)ファン同様新店舗オープンのお知らせを聞きつけ、私もすぐに駆けつけました。

大きな窓と高い屋根が開放的な店内。

前回までの一軒家カフェのようなほっこりした空間から、ビンテージやこだわりの家具たちが映えるシンプル且つスタイリッシュな空間に一変。

そして店内を見回してみると、多くのお客さんのテーブルには3つのカップが。

何かと尋ねてみたら「コピプレト(COFFEE PLATTER)」とのこと。

コピプレト(コーヒープラッター)とは、
トレーの上に3種類のコーヒーと3種類のカードが載せられていて、
それぞれのカップを持ち上げるまではどんなコーヒーなのかはわからない仕組みになっています。

バリスタさんが説明してくれたおすすめの楽しみ方は
「左側のCourse 1から真ん中のCourse2、
最後に右側のCourse 3の順番へと飲んでいく」のですが、

1番を飲みながら産地を確認し、半分程度飲んだところで2番目のコーヒーへ。
2番目のコーヒーも同じように半分程度飲んでから3番目のコーヒーへ。
3番目のコールドブリューは氷が溶ける頃が飲み頃なので、急がずにゆっくりと飲んでも大丈夫です」とのこと。

その後、また1番に戻って3番までを楽しみながら、カードの裏側に書かれている生産者さんやコーヒーについてのお話を読みすすめると、コース(ストーリー)が完成するという流れです。

コーヒーの種類は随時変わっていくようですが、
私が訪れた時のコース内容は1が最もマイルドな味で3に向かうにつれて個性の強いコーヒーになっていったので、数字の順番通りに飲むのが最も美味しく感じられるよう考えられているのだと思います。

8,000ウォンという金額で3種類のスペシャルティコーヒーが楽しめるコーヒープラッター。この3杯の液体を全部混ぜ合わせると大体コーヒー1杯半程度の量になりそうですが、バリスタさん達の手間を考えると、倍の金額でもいいのでは・・・と思ってしまうほどでした。

コーヒーの味の違いがよくわからないという方や、自分好みのコーヒーを見つけられていないという方もこのように同時に数種類の飲み比べをすれば、自分の好みに気付けたり、新しい発見があるはずです。

今までは遠くてなかなか行けなかった〜という方も、これからはホンデでのコーヒータイムにフラッと寄ってみてくださいね。

〔住所〕

地下鉄2号線 ホンデ入口駅1番出口から徒歩約10分

〔営業時間〕
月曜 - 土曜 11:00 - 19:30 (ラストオーダー 19:00)日曜定休

〔インスタグラム〕
@identity_coffeelab

〔おすすめメニュー〕
3種類のコーヒーが楽しめる
・COFFEE PLATTER 8,000ウォン
コーヒーの種類の選択はできず、すでに決められているコースです

・通常のブルーイングコーヒーやラテも美味しいですよ!
(テイクアウト時、1,000ウォン割引もあり)

〔近くにあるオススメのカフェ〕
📍数量限定のプリンもコーヒーに合います:HIT COFFEE ROASTERS(西橋店)
📍韓国を感じるシンプルなインテリアと静かで落ち着いた雰囲気が魅力:Yulgok coffee roasters
📍いつも行列!それでも行く価値ありありのデザートとコーヒーのペアリングカフェ:IMI COFFEE 

 


 

コーヒーにする?お酒にする?それとも・・・

 

「去年、一番よく行ったカフェはどこ?」と聞かれたら
私の答えはGRONI(グロニ)です。

📍 GRONI(그로니)

選び放題カフェ天国の韓国ソウルで何度も行きたくなるカフェには多くの理由と魅力が必要となりますが、その中でも「働いている方のお人柄」は、かなり重要な要素を占めているのではないかと思います。

コーヒー豆の味を鑑別する大会(WCTC)で世界2位の実力を持つイドンホ代表。人懐っこく穏やかな性格とは裏腹にコーヒーとお酒にはストイックな彼。

焙煎師として韓国で有名なロースタリーカフェで経験を積んだ後に独立。満を持して2022年に待望の自家焙煎カフェGRONIをオープンされました。

イ・ドンホ代表のコーヒーはもちろん美味しいけれど、さすがは世界レベルに研ぎ澄まされた味覚の持ち主•••

GRONIのオープン前に鐘路の有名バーで特訓を受けたというカクテルのお味も絶品でございます。

特にアルコールにコーヒーを掛け合わせたカクテルは、両刀使いの彼だからこそなせる技ではないでしょうか。

コーヒーを飲んで、カクテルを飲んで、
最後にコーヒーでしめる。
しかも、全部本格的。

そんな贅沢なカフェGRONI。

その完成度の高さに、コーヒー好きの方もお酒好きの方もどちらも満足されること間違いなしです!

〔住所〕

6号線 上水(상수)駅4番出口から356m

〔営業時間〕
月曜 - 土曜 12:00 - 20:00(日曜定休)

〔インスタグラム〕
@groni_official

〔おすすめメニュー〕
オーナー直々、焙煎から抽出、皿洗いまで担当する
・Brewing coffee (ハンドドリップで丁寧に抽出するコーヒー)
その時のお豆によって変動あり: 7,000ウォン〜

しっかりとエスプレッソの味が感じられる
・Cafelatte カフェラテ 6,000ウォン

お店の名前の由来でもある程オーナーさんも大好きなカクテル
・네그로니(ネグロニ)13,000ウォンと各種コーヒーカクテル

〔座席〕
団体様用のテーブルは1つと他は全てカウンター席なので、1人か2人での利用がおすすめ。
平日には作業をしにきたり、オーナーさんとお話しに来たりする常連さんも多いです。

〔近くとは言えないかもしれないけれど(徒歩15分)オススメのカフェ〕
📍ハンガンを一望できるビューが最高:Type HANGANG

 

 


 

新村で美味しいコーヒーが飲めるようになったってよ!

 

こちらのお店はホンデの隣町、学生街の新村(신촌)となりますが、
スペシャルティコーヒーが楽しめるカフェがほぼ皆無の新村で
バリスタにとってはオアシスのようなカフェがあります。

📍 Flick’ on coffee  (플릭온커피)

地下鉄2号線の新村駅3番出口から京義中央線(新村汽車駅)方向に徒歩約7分。
うっかりしていると通りすぎてしまいそうな裏通りにありますが、
店内はいつも常連さんやコーヒー好きが集まっています。

オーナーさんが国内外の焙煎所からセレクトしたスペシャルティーコーヒーを常時数種類取り扱っていて、その日の気分や好きな味や飲みたい味をお伝えするとコーヒー愛溢れる丁寧な説明と共におすすめをして下さいます。

韓国語での説明にはなりますが、実物のコーヒー豆の袋やパッケージを見せながらいくつかの候補をピックアップしてくれるので、そちらの英語のフレーバーノートも参考に選んでみてくださいね!

ドリップコーヒー以外にも、エスプレッソとミルクのベースの上にクリームを載せてレモンオイルをたらしたcreme citronや、濃ゆ〜いダークチョコレートドリンクのGrand Noir等、この店オリジナルのシグニチャーメニューも美味しくて、新村に行くたびに必ず寄る必須コースになりました。

[座席]

大きな団体様用のテーブルは無く、カウンター席と壁沿いにベンチのような椅子があるだけなので、3人以上や長時間での利用には向いていませんが、ちょっと立ち寄って美味しいコーヒーを楽しみたい時、もしくはテイクアウトに最適です◎

〔住所

地下鉄2号線 新村(신촌)駅3番出口から徒歩8分

〔営業時間〕
月曜 - 土曜 11:00 - 21:00
日曜のみ 11:00 - 18:00

〔インスタグラム〕
@flick_on_coffee

〔おすすめメニュー〕
韓国国内外の焙煎所から取り寄せたフィルター(ハンドドリップ)コーヒー
・필터커피 (핸드드립커피) 7,500ウォン〜
コーヒーによって価格が異なります

レモンの香りが爽やかに香るクリームコーヒー
・크렘 시트론(クレムシトロン)6,500ウォン

〔徒歩15分以内にある、すごくオススメのカフェ〕
📍旦那さんの焙煎したコーヒーと奥さんのパンの相性が最高:SUMMIT CULTURE COFFEE(신촌 1호점)

 

 


 

まとめ

 

以上、今回はホンデ付近(+お隣の新村)で美味しいコーヒーが楽しめるカフェ王道の5店をピックアップしてみましたが、他にも美味しいお店はたくさんあります。

私はカフェに行くたびに、そこで働くバリスタさんに好きなカフェを尋ねるようにしているのですが、やはり誰かのおすすめとなると大きく失敗することが少ないです。

ぜひ余裕がありましたら、「マシンヌン カペ チュチョン へジュセヨ〜(美味しいカフェおすすめしてください)」と言ってみて下さい。きっと喜んでたくさん教えてくれると思いますよ。

今日も素敵なコーヒータイムが過ごせますように:)

Kapecchang(カペちゃん)より
@kapecchang

こちらの記事は2023年6月に作成されました。
営業日や営業時間が変更される可能性がありますので、行かれる前には必ずお店のSNS等でご確認ください。

 

+1

いいね

49

+1

なるほど

3

+1

楽しみ

3

+1

役立った

13

Share